スペシャリストへの道|世田谷工務店であなたも電気のスペシャリストを目指しませんか

長く厳しい"プロフェッショナルへの道"。

高圧電力ケーブル工事は、豊富な専門知識と高度な技術を必要とします。
当社では、電気のスペシャリストの育成を目的としたブラザー制度や、社内技能認定試験制度を設け、社員個々のスキルアップに努めています。
プロの電気技術者になるためには、基礎訓練期間(入社後半年間は座学)を経て、認定試験をクリアし、その後も数々の実務経験を積まなければなりません。

現場責任者になるためには、一般的に10年以上のキャリアが必要だといわれており、その道のりは想像以上に厳しいものです。
しかし、この期間を乗り越えれば、電気のエキスパートとして幅広いフィールドで活躍することができるのです。

[標準的なグループの構成] 技能レベル 
作業責任者(リーダー) : 1名
主作業者: 2名
補助作業者: 1名
補助者: 1名
計: 5名
dummy
現場責任者への道のり

まずはお気軽にお問い合わせください!

Page Top